blog

2018/04/12 20:25

「MADROCK/マッドロック」が超偏見で選ぶ、超神ってるスーパープレーヤー vol.1 



今回から不定期でお届けする「MADROCK/マッドロック」が超偏見で選ぶ、超神ってるスーパープレーヤー集。

完全なる個人的主観で独断と偏見で選んでいますのでご容赦ください。

記念すべき第1回目は、そうです、彼です。

バスケ好きで知らない人はいないのではないでしょうか。。。

1990年代中盤にオーランドマジックで輝かしい成績をおさめたNBA無冠の天才、「ペニー」こと「アンファニー・ハーダウェイ」です。

恵まれた体格を持ちながらオールラウンダーで天才的なプレーヤーでした。

オーランドマジックの群青にストライプのユニフォームが絶妙に似合っていて、ペニー(1セント)の「1」の背番号がカッコよくて憧れまし
た。

初めてペニーのバスケを見た時にすごく綺麗なプレーをする人だなーと思ったのを覚えています。

マイケル・ジョーダン」とのマッチアップも見もので、個人的主観ですが、97年に怪我をするまではNBA NO.1プレーヤーだと思っていました。

当時の事を振り返ると、バスケ部内でジョーダン派とペニー派に分かれたのを思い出します。

あの頃は今のようにインターネットやYOUTUBEなどなかった時代です。

NHKの衛星放送が設置されたボンボンな友人のお宅でダビングしてもらった画質の悪いビデオテープでよく観戦したものです。

荒い映像でもペニーの背番号「1」は常に活躍していました。

あんなプレーヤーになりたいと当時は必死に練習したのが懐かしい思い出です。。。

ジョーダンとのマッチアップでもテンション上がりましたが、「シャック」こと「シャキール・オニール」とのコンビプレーには痺れました。

シャックの魅力・能力を最大限に引き出したのは、コービーでもウェイドでもナッシュでもなく、ペニーだったと思います。

完全に個人的主観ですが。。。

ペニーとシャックのコンビプレーはいつまでも見ていられるくらいエキサイティングなものでした。

次は何をするのかワクワクさせるってすごいことですよね。

そんな無冠の天才「ペニー」の現在は、地元の中学か高校でバスケ部のコーチをしているとか。。。成績も上々らしいですね。

ペニーの教え子から将来「ペニー」のような天才プレーヤーが出現するのが楽しみですね〜。

「MADROCK/マッドロック」が超偏見で選ぶ、超神ってるスーパープレーヤー vol.1  は、

無冠の天才「Penny (1cent)」こと「アンファニー・ハーダウェイ」でした〜。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最後にペニーのスーパープレー集です!



 

 

-オリジナルプリントオーダーはこちら-

 

 

-ユニフォーム・ピステ・ジャージオーダーはこちら-

 

 

-バスケットブランド「MAD ROCK/マッドロック」のSNS-

 

■インスタグラムはこちら

Instagram

 


■フェイスブックはこちら

Facebook

 


■ツイッターはこちら

Twitter

合計\10,000-(税抜)以上お買い上げで 送料無料!!

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

バスケブランド【MADROCK/マッドロック】公式LINE
大会出店情報、オンラインストアで使えるクーポン配布、SALE情報をお届け♪